社員教育の質が高いとスキルが向上しやすい

段階に合わせた社員教育

社員教育は何度も行われるべきものであり、適切なタイミングかつ適切なレベルで実施された質の高い社員教育は、社員一人ひとりのスキルアップに大きく寄与する重要な存在です。例えば、入社時には会社の理念やビジネスマナー、社会人としての一般常識を学ぶことが先決です。配属先が決まったときにはOJT教育を実施することも多いでしょう。しかし、ここで社員教育をやめてしまうのは非常にもったいない話なのです。質の高い社員教育とは、定期的に行うことで実現されます。ある程度仕事に慣れたときには手を抜かないよう実施したり、昇進が近づくにつれて不安の大きい社員をサポートする目的で実施したりと、様々な目的に合わせて適宜実施するのが成功のコツです。

OJTや研修以外も検討する

社員教育として代表的なのは、OJTや新人研修といった内容でしょう。しかし、これらはあくまで実施して当然の社員教育であり、ある意味これがないと仕事が成り立たない基本的な社員教育です。そこから一歩進んで、新しい社員教育を取り入れることが大切なのです。例えば、eラーニングと呼ばれる社員教育は、社員の自主性を促す上でうってつけのコンテンツです。eラーニングはインターネットを使って社員一人ひとりがマイペースに勉強する方法であり、自宅などで行います。そのため、休もうと思えば休んでしまえる社員教育ですが、適宜テストを実行することで否が応でもeラーニングに励まざるを得なくなるでしょう。その時、自主的に勉強するという非常に大きな癖を身につけることができるのです。