新人が仕事に馴染みやすい

仕事に対する恐怖心をなくす

初めて仕事に取り組む場合、どうやって仕事を進めたらすらわからない状態ですが、社員教育によって自分なりの仕事の進め方が見えてきます。何より、仕事の進め方がわかることで仕事に格段に馴染みやすくなることは間違いないでしょう。また、最初に自信をつけさせることも重要です。新入社員にとっては、新人研修も大変な仕事になるかもしれませんが、それでも課題を一つ一つクリアすることで自信を身につけることができるようになります。その自信が仕事に対する恐怖心を上回り、やる気を持って仕事に取り組む姿勢を見せるようになるのです。これはビジネスマナーにおいても同じことが言え、会社の中でどう立ち回ればよいのかを知る意味でも大きな働きが期待できます。

仕事に馴染み人材流出を防げる

企業が避けたいのは、採用した社員が仕事に馴染むことができず早々に会社を去ってしまうことです。一人二人ならまだ対応できるかもしれませんが、毎年続くようであれば問題です。そこで、社員教育を施し仕事に早い段階から慣れてもらうことで、人材流出を未然に防ぐことが大切なのです。結局の所、人材流出につながるのはモチベーションの欠如が大きく、社員教育はその問題を解決する意味で大きな効果をもたらすのです。将来会社を背負って立つような人材として自立してもらうためにも、最初に労力をかけることで人材育成にコストを割くことが大切なのです。アウトソーシングして教育するのか、それとも内製化して社員教育を施すのかは一長一短ですが、いずれにせよ仕事に慣れさせるという目的では一致しています。