ベテラン講師を教育担当者に任命する

社員教育の経験が豊富な講師を探してみよう

社員教育を通じて個々の社員の能力を高めるには、様々な分野の知識や経験が豊富なベテラン講師を教育担当者に任命することが大切です。例えば、ビジネスや経済、教育などの分野で活躍している専門家に講師役を務めてもらうためには、高額な費用が掛かったり、日程の調整のために長い期間が必要となったりすることがあるため、余裕を持って人選を検討しましょう。また、ベテラン講師が過去に担当した社員教育の例をチェックしたい場合には、専門の仲介会社に問い合わせをすることも大事です。なお、講師によって社員研修に対する考え方や指導の仕方などに違いがあるため、満足度の高い教育を実施するにあたって、人事部が率先して多方面に働きかけをして適任者を探す必要があります。

人事担当者と講師が協力して教材を作成しよう

社員教育の効果を最大限に高めるには、人事担当者と講師が協力をして、仕事上の色々な場面を想定しながら教材作成をすることが肝心です。最近では、社員教育のすべてを外部のベテラン講師に一括している企業が珍しくありませんが、個々の社員に向き合って教育を行ううえで、時間を掛けて人事担当者が社員教育に携わることが重要となります。また、短期間の社員教育を成功させるには、ベテラン講師と早い段階から打ち合わせを行って、研修の進め方や教育効果の測定の仕方について理解を深めると良いでしょう。その他、少しでも時間があれば、様々な企業で行われているベテラン講師が担当する社員教育のメリットとデメリットをじっくりと判断しましょう。