マンツーマンの社員教育を取り入れる

職場内で優秀な教育担当者を育成しよう

社員教育のレベルを上げるためには様々な方法がありますが、自社内での教育をメインに行いたい場合には、各部署の職場内で優秀な教育担当者によるマンツーマンの指導を行うことがとても重要です。例えば、専門的な技術の習得を目的とした教育を実施するには、適切な指導方法を覚えるために長い期間が必要となることがあります。そのため、新人や若手の育成を担当する社員を対象にセミナーや勉強会などを実施したり、定期的に人事担当者や管理職が集まって意見交換をしたりすることが大切です。また、研修の内容によっては、社員教育の効果が現れるまでにある程度の時間が掛かることがあるため、継続して個々の社員のサポートを行う必要があります。

業務マニュアルを用いて研修を始めよう

社員教育の成果をきちんと把握するには、職場内で行われる研修を通じて、業務マニュアルを用いて一つひとつ大事な項目をチェックしていくことが肝心です。特に、高度な知識や技術が必要となる業務の研修を実施する際は、マンツーマンを基本として、研修中にすぐに疑問を解決できるような仕組みを整えることがポイントです。また、業務マニュアルの完成度を高めるためには、ベテランの社員の意見を積極的に取り入れたり、場合によっては外部の専門家にアドバイスを受けたりすることも大事です。その他、マンツーマンの教育の大切さについて理解を深めるために、社員教育の担当者が中心となって、社内でミーティングや勉強会を開くのも良いでしょう。